自己破産すると奨学金は返さなくても良い?~免責の対象について~

自己破産すると奨学金は返さなくても良い?~免責の対象について~

自己破産すると奨学金は返さなくても良い?~免責の対象について~

近年では世代問わず多重債務に悩む人が多くなっていますが、特に若い世代で自己破産を検討する場合、問題となることが多いのが奨学金の存在です。
奨学金は、消費者金融などの借金と比較すると低金利ではありますが、それでも卒業後思うように就職ができなかったり、他の借金が膨らんでしまったなどの事情により、約定どおりの返済ができなくなってしまうケースも珍しくありません。
当然ながら、奨学金も自己破産が可能な債務であり、裁判所で免責が許可されれば支払う必要がなくなりますが、本人の返済義務が消滅しても、連帯保証人がついている債務の場合は債権者はそちらに請求することができます。
奨学金が自己破産のハードルとなるのはまさにこの点で、連帯保証人がついているケースがほとんどである為、安易に自己破産をすると第三者に迷惑が及んでしまうこととなるのです。
しかし、だからと言って正しく債務整理を行わず、借金から逃げるのは好ましくありません。
奨学金を含む借金を債務整理で解決する為にまず挙げられる方法としては、自己破産以外の方法で借金の圧縮を目指すことです。
奨学金以外の借金を圧縮できれば十分に返済が継続できるという場合、任意整理で奨学金以外の借金を整理することで、連帯保証人に迷惑をかけることなく生活の立て直しを目指すことができます。
そしてもうひとつの方法が、連帯保証人に正直に打ち明け、相談をすることです。
相談の結果、協力が得られるのであれば自己破産を検討するのも良いでしょう。