自己破産2回目は難しい?破産宣告する前に知っておくべき事

自己破産2回目は難しい?破産宣告する前に知っておくべき事

自己破産2回目は難しい?破産宣告する前に知っておくべき事

自己破産で法的な救済を受け、債務が免除されることで生活の建て直しをすることができますが、その際に何よりも念頭に置いておかなければならないのが、借金に苦しむという状況を再び繰り返さないということです。
自己破産後は生活習慣などを改め、以前にも増して収入と支出のバランスを考えた暮らしを心がけることが大切ですが、それでも何らかの事情により、再び多重債務に陥ってしまうケースもあります。
その場合に問題となるのが2回目であっても自己破産が行えるかどうかですが、前回の自己破産から7年が経過してさえいれば、再び申し立てを行うことに制度上の制限はありません。
但し、申し立てが行えることと免責が認められるか否かは全く別の問題である為、注意が必要です。
裁判所は、自己破産の申し立てに至った経緯や反省の有無、更生の可能性などを総合的に勘案した上で免責の可否を決定する為、浪費やギャンブルなど、2回目の申し立てに至った事情如何では、免責が認められないケースもあります。
では、浪費やギャンブルが原因で2回目の多重債務に陥った場合、諦めるしかないのかと言えばもちろんそうではありません。
難易度が高くなるとはいえ、こういった事情でも免責が認められるケースはありますし、仮に自己破産の免責が認められない場合であっても、任意整理などの他の方法で債務を圧縮することができます。
逃げや放置では何の解決にもならないので、2回目であっても冷静に債務整理を検討しましょう。