自己破産の免責がおりないケースはこんな時!※参考例一覧

自己破産の免責がおりないケースはこんな時!※参考例一覧

自己破産の免責がおりないケースはこんな時!※参考例一覧

消費者金融をはじめとして、お金を借り入れるサービスを利用している人も多いのではないでしょうか。
借り入れたときは借金の金額が少ない場合であっても、返済ができないうちにどんどんと増えていってしまうことがあります。
借金が返済できなくなったときに、一番に考えなければならないことは借金について整理を行うことです。
借金を整理することを債務整理といいますが、最もポピュラーな手続きとして自己破産があります。
支払いが不能と判断できる借金額の目安としては、収入のうちから生活費を差し引いた金額によって3年ほどの期間で返済ができるかどうかで判断されます。
具体的にいうと、毎月の手取りの収入の20倍の借金を抱えてしまったときには、返済が不能な状態と判断できるでしょう。
自己破産をするときには、裁判所に破産の申し立てを行って免責を認めてもらうことになります。
破産宣告の申し立てについては弁護士に依頼する形でも行えますし、自分の力で手続きを進めることも可能です。
破産宣告を受けたときであっても、その時点で借金の返済義務が免責されるわけではありません。
自己破産の申し立てをした後に、免責の手続きを行って裁判所に認めてもらうことで借金の支払い義務がなくなることになります。
きちんとした正式な手続きを行えば、高い確率で認められるものと言えます。
手続きについて不安があるときには、弁護士などの専門家に依頼して行うほうが確実だと考えられるでしょう。