自己破産すると住宅ローンはどうなるの?マイホームは守れる?

自己破産すると住宅ローンはどうなるの?マイホームは守れる?

自己破産すると住宅ローンはどうなるの?マイホームは守れる?

自己破産は債務整理の一種ですが、債務整理の中で最も重大な金融トラブルです。自分で破産をすることで、返済すべき借金の返済義務を放棄することになります。貸し付けた金融機関は自己破産時の貸付額をそのまま損害として受けることになります。その為に、自己破産をすると金融機関に関係するサービスを一切受けられなくなります。住宅ローンも例外ではありません。住宅ローンはローンの中でも数千万円程度も利用する場合もあり、非常に高額なローンなので尚さら自己破産者は利用出来ません。債務整理の信用情報への記録期間は5~10年ですが、自己破産の場合は10年になります。つまり、10年間は住宅ローンを組めずにマイホームを購入できないことになります。この記録は信用情報に記載されて、住宅ローンの審査時に見られます。その情報は10年で消えたとしても、損害を受けた金融機関が独自にブラックリストを作成して掲載している場合があります。ブラックリストは企業が保有するリストなので、どれだけ長く記録が残るのかは企業によって違います。半永久的に記録する場合もあれば、2年程度で記録を抹消する場合もあります。一度自己破産をすると実質一生ローンを組めなくなる可能性もあります。ブラックリストに掲載されないとしても、10年間は申し込んでも審査に通過出来ないので、更に信用情報を傷つけない為にもうかつに申し込みは避けましょう。頭金を非常に多く出すことによって、極少額のローンで済んで審査に通る場合もあります。