自己破産デメリット-借金がチャラになる代償とは?-※必読

自己破産デメリット-借金がチャラになる代償とは?-※必読

自己破産デメリット-借金がチャラになる代償とは?-※必読

多重債務や多額の借金を抱えてどうしょうもなくなり、中には夜逃げをしたりする人もいます。
しかし、借金の問題はなかなか他人に相談出来ず一人で悩んでいる人が多くいます。
そんな人の借金の整理方法の一つとしてあるのが、自己破産です。
自己破産は、裁判所に申請して申請が通れば免責されて借金をゼロにする事が出来ます。
しかし、その反面自己破産をするとデメリットもあります。
そのデメリットは、必要最低限の生活費や財産以外は全て換価し債務者に配当する制度ですからもしマイホームなどを持っていればその財産を失う事になります。
もし連帯保証人がいた場合には、自己破産した場合でも本人は免責されますがその連帯保証人に対しては一切の返済の免除がありませんので他人に迷惑をかけてしまう事になります。
その為、連帯保証人がいる場合には、その人と一緒に自己破産するのが通例となっていますが、他人を巻き込んでしまう事になります。
その他のデメリットは、官報に氏名や住所が掲載されてしまいます。
しかし、この国が発行する官報は一般の人が目にする機会はほとんどありませんから小さなデメリットともいます。
ほかのデメリットとしては、一般にブラックリストと呼ばれる信用情報機関に掲載されてしまいますから通常のローンやクレジットカードの利用や、クレジットカードの作成が出来なくなります。
自己破産は、免責されて借金がゼロになりますが、その反面デメリットもありますから慎重に検討して決める必要があります。