自己破産したらクレジットカードが持てないのはどれくらいの期間?

自己破産したらクレジットカードが持てないのはどれくらいの期間?

自己破産したらクレジットカードが持てないのはどれくらいの期間?

カードローンやキャッシングなどで借りた借金は利息の部分が多いため、毎月地道に返済していもなかなか減っていきません。
借金のきっかけや事情は人それぞれですが、やはり毎月の返済で生活に余裕がなくなってしまいますと、また借金をして生活費を借り入れるようになりますので、借金は減っていくどころか膨らんで行ってしまうケースが多々あります。
このような状況になってしまった場合には、一刻も早く弁護士事務所などに相談するようにしてください。
個人のケースに応じて債務整理の方法を提示してくれますし、依頼料や債務整理にかかる費用に関しては債務整理完了後の後払いに応じてくれる場合がほとんどです。
また、借金の金額が膨大でそれ以外の債務整理では生活を立て直せないと判断された場合には、自己破産をすすめられることになるでしょう。
自己破産は個人が生活を立て直すチャンスを与えるために、国が作った制度ですから必要であれば罪悪感を感じることなく利用するようにしましょう。
もちろん、自己破産したらその後の生活に全く影響がないわけではありません。
例えば、クレジットカードが作れない、新たにローンを組めないなどの影響は自己破産したら少なからずあります。
しかし、自己破産した場合のこれらの影響と、自己破産した場合のメリットを比べたらやはりメリットの方がはるかに大きいということが言えるでしょう。
自己破産したら借金がゼロになりますので、毎日の借金返済に頭を悩ます必要もなくなりますし、一生懸命働くことで生活を立て直すこともできます。
ですから、どのような債務整理を選択するとしても、少しでも早く弁護士などに相談するようにしてください。