自己破産したら車のローンが組めなくなるってホント?~解説~

自己破産したら車のローンが組めなくなるってホント?~解説~

自己破産したら車のローンが組めなくなるってホント?~解説~

自己破産を申し立て、裁判所に免責を認めてもらうことができれば借金の返済義務が無くなりますが、当然ながら一定以上の財産を所有している場合、換価して債権者に配当されることとなります。
破産者のその後の生活を保護する為、自己破産を行っても一定金額以下の現金や預貯金、生活に必要な家財道具などは処分されること無く所有し続けることができますが、そんな中で自動車が差し押さえられてしまうのかどうかを気にする人も少なくありません。
結論から言えば、その自動車に20万円以上の資産価値があれば処分対象になり、それ以下であればそのまま所有できるということになりますが、まだ自動車ローンが残っている場合は、少し話が異なるので注意が必要です。
自動車に限らずローンが残っている商品と言うものは、一般的にローン会社が所有権を留保している場合がほとんどである為、返済が出来ないということであれば回収されてしまいます。
よって、自動車ローンが残っている状態で自己破産を行えば、ほとんどの場合その自動車を所有し続けることはできませんが、それでもどうしても生活や仕事上必要で、自己破産後も自動車を使用したい場合には、第三者の協力を得て弁済を肩代わりしてもらうことで保持が可能なケースもあります。
また、自己破産後は当然ながら一定期間自動車ローンを利用することはできませんが、現金で購入することは可能なので、無理なく維持できる安い自動車を新たに購入するのも現実的な方法です。