自己破産の費用-平均・着手金はいくらぐらい?-

自己破産の費用-平均・着手金はいくらぐらい?-

自己破産の費用-平均・着手金はいくらぐらい?-

自己破産とは?

多重債務などで、借金の返済が難しくなり、これ以上は無理という状態になった時の選択枝の一つが、自己破産です。
自己破産さえすれば、そこから先は借金返済の必要がなくなりますが、財産や資産の殆どを処分する必要がある他、様々なデメリットもある方法なので、簡単に選択しない事がお勧めです。

 

それでも、自己破産しかないと考えた場合、自ら手続きを行うか、弁護士か司法書士に依頼するという方法を選ぶ事になります。

 

自己破産の費用の平均ついて

自ら手続きを行えるのであれば、1万円程度の費用で、破産宣告が可能となりますが、手続き自体は簡単ではなく、無理をせずに、弁護士か司法書士に依頼をするのがお勧めです。

 

自己破産を弁護士に依頼する場合

弁護士や司法書士に破産手続きを依頼した場合、着手金と実費、そして報酬が必要となります。
弁護士の場合、実費と着手金が20万円から40万円程度、報酬が20万円から40万円程度となり、総額で80万円以上必要になる事も珍しくありません。

 

自己破産を司法書士に依頼する場合

それに対して、司法書士は15万円から30万円程度で手続きを依頼する事が可能となります。
実際にどれだけの金額を費用として請求されるかは、選ぶ事務所によって大きく変わります。

 

自己破産の依頼先の選び方

少しでも手続きにかかる費用を抑えたいと考える場合、あらかじめ事務所に書かれた料金を確認しておくだけでなく、口コミや評判もしっかりと確認し、信用できる事務所を探す事が大切になってきます。
そして、無料相談がある事務所であれば、まずは実際に足を運んで相談をしてみるのがお勧めです。

 

 

自己破産の手続きが完了するまでの期間

 

借金問題に苦しんでいる場合の解決方法として、法律的な解決手段を用いることが可能です。
法律的な方法によって借金問題を解決できる種類のうちには、自己破産という方法があります。

 

自己破産の手続き

自己破産とは支払い能力を欠いていることを裁判所に認めてもらうことで、法律的に借金の支払い義務を免除してもらう制度のことを言います。
自己破産を利用することができる人は、支払い能力が不能である人であって、過去の7年以下に免責の処分を受けたことがないことが条件となります。

 

債務者の状況や借り入れたお金の状況、弁護士などの法律家に依頼しているかどうかなどによって自己破産の手続きが完了するまでの期間が異なってきますが、早ければ3か月程度、時間がかかった場合には1年以上の期間が必要になる場合もあります。

 

自己破産を失敗しないために

自己破産の手続きについて弁護士などの法律家に依頼していたときには、本人が手続きを行うときよりも早く処理を進めることが可能になります。

 

自己破産にかかる期間

自己破産の手続きを行うためには、破産手続き開始決定の処分を受けてから、免責許可の決定を受ける必要がありますので、手続きの申し立てを行ってから決定を受けるまでの期間は1か月から2か月ほどとなります。

 

一部の裁判所では即日面接の制度が行われているところもあり、破産の申し立てを行った日のうちに裁判官と弁護士が面接することで、すぐに債務者が借金を支払っていく能力がないことが判断されれば、その日のうちに破産の手続きの開始が決定します。

金利が安い会社に貸付を頼みたいと考えているのであれば、今からご案内する消費者金融会社がぴったりです。消費者金融ごとに決められている金利が低いところをランキングという形にして比較したのでご利用ください。
低金利でキャッシングできる消費者金融会社をポイントランキングにして比較しています。ほんの少しでも低金利になっている消費者金融を選んで、効率の良いローンやキャッシングをしていきましょう。
大半の知名度の高い消費者金融系の金融会社は、全ての契約手続きが完了してから指定した銀行口座に当日すぐ振り込みができる「即日振込」のサービスの他、初めてのご利用の方には30日間無利息で利用できるサービスなどを導入しています。
審査における情報をあらかじめ下調べしたり比較をしたりしておきたいというなら必ず見ておきたい内容です。各消費者金融会社の審査基準に関してお伝えしています。ぜひぜひ、決断の前に精査しておいていただきたいのです。
知名度の高い銀行系列の消費者金融なども、今日び午後2時までに申し込みがあれば、即日融資の対応が可能なシステムが作られています。通常の場合、キャッシングの審査に2時間くらい必要です。
もはや消費者金融系の会社への申し込みも、インターネットから手続する人も増えつつあるので、消費者金融を特集した口コミサイトやわかりやすくまとめた比較サイトも星の数ほど存在します。
どこでお金を借り入れるかで相当迷うのではないかと思いますが、低金利にて貸付を受けたいなら、昨今は消費者金融業者も選択肢の一つに加えてもいいと考えます。
思いがけない支出があっても、即日融資に対応できるようになっているため、すぐにでも融資を受けることができるという事になります。知名度の高い消費者金融業者を選べば、安心してお金を貸してもらうことが可能となるのです。
消費者金融の利用に際して興味をひかれるのは金利に関してですが、数ある口コミサイロを眺めるとそれぞれの金融会社の金利や適切な返済方法などを、よくわかるように記載しているところが多くみられます。
このサイトをしっかり読んでおけば、あなたでも消費者金融においてローンの審査を無事通過する為の手段を身につけることができるので、大変な思いをして借入ができそうな消費者金融会社の一覧表を探しまくる必要性はなくなります。
借り入れの無利息サービスは、個々の消費者金融により変わりますから、ネットを駆使して多種多様な一覧サイトを角度を変えて比較しながら眺めていくことで、自分にうってつけの便利なサービスを探すことができると思います。
そもそも無担保の融資でありながら、銀行と同じように低金利に設定されている消費者金融業者というのも多く存在します。そのような消費者金融はネットによって問題なく探し当てることができます。
再三無利息という有難い金利で借り入れることができる便利な消費者金融業者があることはあるのですが、そこで気を抜いてはいけません。無利息で実質金利ゼロという条件に取りつかれて、借り過ぎてしまったのでは全てを失うことになりかねません。
通常の消費者金融業者の場合だと、無利息で融資が受けられる期間は結局1週間程度であるのに対し、プロミスなら新規申込時に最大30日もの間、無利息などという条件で融資を受けることが可能です。
インターネットで「消費者金融の口コミ」と打ち込んで検索したら、大量のサイトが表示されます。何をどこまで信用できるのかなどと思ってしまう方もたくさんいるだろうと推察します。